ウーマン

目のクマ治療も美容整形クリニックにおまかせ

顔の赤み

看護師

顔の赤みという問題があります。福岡の美容整形クリニックへ多くの方が相談に訪れる悩みです。この顔の赤みの原因などについて確認してみましょう。
まず取り上げられるのは血管の拡張です。通常、血管は拡張と収縮を繰り返します。この動きは顔に存在する毛細血管も同様で、自律神経の働きに応じてこれらは拡張と縮小を繰り返すのです。血管の拡張と収縮は、血液量や流れる速度の調整という大切な役割を担っています。その一方で、顔の毛細血管はいくつかの理由で拡張したままとなることがあります。そうなると血液の赤い色が目立つようになり、結果的に肌の赤みとなるのです。この症状の原因は、寒暖差や緊張などが考えられています。症状名としては「毛細血管拡張症」などと呼ばれます。
次に取り上げる赤みの原因は表皮の薄さです。肌をつかさどる三つの層である表皮、基底層、真皮のうち、毛細血管は真皮を通っています。真皮は最も外側に位置する表皮によって守られているため、通常時は毛細血管が外に見えることはありません。しかし、その表皮が何らかの原因で薄くなっている場合は真皮が透けて見えることになってしまい、肌の赤みに繋がるのです。また、表皮には角質層というものが存在します。角質層の働きによって表皮が様々な要因から肌を守りますが、表皮が薄くなることによりこの角質層の働きも低下することがあります。そうすると、肌の赤みへと繋がってしまうのです。表皮が薄くなる原因としては様々なものが考えられます。そんな中で福岡の美容整形クリニックで案内される予防方法は、スキンケアを正しく行なうという点です。肌を擦り過ぎると表皮を薄くすることに繋がるため、肌を優しく洗うという方法が正しいスキンケアとして福岡などの美容整形クリニックでアナウンスされます。
もう一点の原因は炎症です。これは免疫反応のことを指します。代表的な例として、有害物質が皮膚の内部へ侵入してしまうことによって起こる毛細血管の充血があります。この症状を発赤と呼びます。これ以外にも腫脹と呼ばれる皮膚の腫れや、皮膚のほてり、痛みといった内容も炎症にカウントされます。これが起こる原因として、強すぎる肌への外的刺激があります。この症状として取り上げられるのは肌荒れやニキビといったものです。
このように、顔の赤みには様々な原因があります。福岡の美容整形クリニックで行なわれるカウンセリングでは、原因の解明も行なわれることでしょう。これらの原因から該当する原因は何なのか、ご自身に起こっている肌の赤みをあらためて振り返ってみるのも良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加