福岡の美容整形で美しくなろう

目のクマ治療も美容整形クリニックにおまかせ

アンチエイジング

医者

福岡の美容整形クリニックへ通う方は年を経ても美しさを保ちたいという願いをお持ちであることが多いです。アンチエイジングに用いられるエレクトロポレーションについて見ていきましょう。

ボトックス

ウーマン

美容の観点から非常に大きな効果を発揮するのがボトックスです。福岡の美容整形クリニックでも多くの成功例があがっている話題のボトックス治療について、その中身を把握しましょう。

目のクマ

女の人

目のクマは、美しくありたいという女性の願いを阻害してきます。見ようによっては疲れて見えたり、また、実年齢よりも年を経ているように見えてしまったりと、クマがあることで良いと思われる点はあまりありません。そんなクマですが、実は様々な種類が存在するのです。種類別の原因を確認しておきましょう。
クマの種類の前にまずお伝えするのは、眼の構造です。眼球の周辺には毛細血管が通っており、その中を血液が流れることにより栄養が目に行き渡るという構造になっています。また、眼窩脂肪という脂肪がまぶたの中に存在し、目に対する衝撃を和らげています。一方で、まぶたの皮膚は薄いため乾燥しやすくなっており、色素沈着が起きやすい箇所となっているのです。眼は、皮膚や様々な筋肉が入り組んでおり複雑な構造となっているのです。
では、クマの種類について確認しましょう。クマの種類は様々ですが、大きく分けると三種類となっています。まずは、茶グマについて確認しましょう。茶グマができる原因は色素沈着などと言われており、細かく二つの種類に分類できることが特徴です。一つはシミのようなクマで、これは身体の様々な箇所にできるシミと同じようなものとされています。このクマができる原因こそが色素沈着とされています。メインとなるのは紫外線ですが、それ以外にもアトピー性皮膚炎や乾燥などが原因ともされており、予防に対して手間がかかることが特徴です。そして、このクマの特徴に目の下以外にもできるという厄介な点があります。まぶたにもできることがあるのです。では、色素沈着が原因でできる茶グマの対処法を確認しましょう。特に有効なのは、ビタミンCなどを含んだスキンケアコスメです。
もう一つの茶グマは真皮レベルで起きると言われています。皮膚の奥側にメラニンが沈着してしまい、発生します。この原因は年を経ると発生する色素班であり、およそ成人あたりのタイミングで顔の様々な場所に見られます。この茶グマに対してはレーザー治療が効果的です。福岡では美容整形クリニックにてクマを除去するレーザー治療が行なわれています。
次に、青グマについて見ていきます。青グマの原因は血流の滞りとされています。目の周辺に存在する毛細血管を通る血液が滞ることで青っぽく見えるのです。では、どのように血流の滞りは引き起こされるのでしょう。そこには様々な原因があります。睡眠不足やストレスなどといったいくつかの要因がありますが、そういった生活習慣を見直すことで対策となるでしょう。また、ケアの方法もあります。効果的なケアの方法はビタミンKを含んだアイクリームを用いたケアです。また、マッサージやホットパックも有効です。いずれも血流を良くすることがねらいです。
もう一つのクマは、黒グマと言われるものです。このクマができる原因には二つあると言われています。一つは目の周辺の脂肪が減少することによるもの、もう一つは筋肉のゆるみによる眼窩脂肪の突出が原因とされています。脂肪の減少は加齢や生まれつきの脂肪の少なさから発生するとされています。このクマはヒアルロン酸注入による治療が効果的とされています。また、筋肉のゆるみは脱脂術と呼ばれる手術を用いることがあります。脱脂術とは、眼窩脂肪を除去する手術のことです。福岡の美容整形クリニックではどの方法を用いることができるか、あらかじめ確認すると良いでしょう。

Recommended

  • 福岡 美容外科美容整形比較サイト

    福岡で美容整形を受ける前にサイトをクリック!安全性の高い施術を提供してくれるクリニックの情報が載っていますよ。

顔の赤み

看護師

美容整形クリニックを利用する観点として多くあがるのは、やはり「顔」ではないでしょうか。福岡でも多くの方が顔の悩みを解決するべく美容整形クリニックへ足を運んでいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加